はちみつは二日酔い解消・予防にも効果的!でも、お酒はほどほどに。

二日酔い予防や、解消にはウコンやシジミ汁などが有名だと思います。

しかし、はちみつも実は二日酔いの解消・予防に効果があります。

僕も、ついつい飲みすぎてしまって二日酔いになってしまうときがありますがそんな時ははちみつを食べると楽になるので皆さんも試してほしいと思います。

はちみつは飲む前・飲んだ後でも効果を発揮

一般的に、悪酔い予防のウコンなどが含まれているドリンクはお酒を飲む前に飲まなければあまり効果がないです。

しかし、はちみつはお酒を飲む前でも飲んだ後でも悪酔いを予防・解消の効果があります。

なぜはちみつが二日酔いに効くのか?

はちみつが二日酔いに効く理由は、はちみつに含まれる糖分が関係しています。

アルコールは肝臓で分解されますが肝臓には体内で糖を作り血糖値バランスを整える働きもあります。

しかし、大量のお酒を飲むと肝臓はアルコールの分解でいっぱいいっぱいになってしまい、体は脱水状態になり糖分も不足してしまうのでその結果、二日酔いとなり頭痛などの症状が出ます。

はちみつに含まれる、糖分は単糖類の「ブドウ糖」と「果糖」です。

この二つの糖分は、これ以上分解する必要のない糖分なので分解するために体は体力を使わなくてもいいし素早く体内に吸収されるため早く体内の血糖値バランスを整えることができるので二日酔いに効果があります。

また、果糖は二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解促進にも効果があることが分かっています。

しかし、二日酔いは脱水状態になっているのでしっかりと水分を補給することも忘れないようにしてください!

はちみつレモンを常備しておくといい

はちみつだけでも二日酔いに効きますが、はちみつレモンを作って常備しておけばより二日酔いに効果があるし栄養補給にも使えるのでおススメです。

レモンには、たくさんのビタミンC含まれています。ビタミンCはアセトアルデヒドの分解を助けてくれる働きがあるので効果がアップするしはちみつレモンの方がさっぱりしているので二日酔いで気持ち悪い時なんかは、はちみつレモンの方が食べやすいと思います。

はちみつを食べるタイミングはいつがいい?

はちみつは二日酔いの予防と解消どちらにも効果があるので飲みだす前でも二日酔いになった後でも、どちらでも大丈夫です。

しかし、お酒を飲みすぎる自分が悪いですが二日酔いはかなりきついのでできれば二日酔いにはなりたくないですよね!

なので、飲みだす30分ぐらい前にはちみつを食べておくといいと思います。

はちみつなんか持ち歩けない!という人もいると思いますが今は、スティックタイプのはちみつも販売されていて簡単に持ち運びができて邪魔にもならないので、ぜひスティックタイプのはちみつを普段からカバンに入れておいてもらいたいです。

よかったらシェアお願いします!

今僕たちができること!

不安な時こそ、みんなで支えあい、出会わなくても多くの方が繋がれるような世の中を今だからこそ作り上げていきたいと感じております。

そして落ち着いた後は実際にみんなでお会いする場を設けたりして身近な人をサポートできたらと感じております。

実施する想いわたしたちの想いとしては、繋がりを大切にし、自分たち自身も新しいチャレンジをして、循環できるような社会になれるように取り組んで行きたいと思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

元ブロガーで、東北の震災をきっかけに月数百万稼ぐブログをやめる。後に地域と伝統を大切にしたくて、岐阜県にある美濃焼タイルアクセサリーpopoloを開始! BASEアプリフォロワー38万人突破!ロンドンでの出店も成功!!物作りで人×地域×ネットの繋がりを大切に活動中!