話題のマヌカハニー。他のはちみつより何がすごい?

今、話題のマヌカハニー。今回は、マヌカハニーとは一体どんなものなのか?

他のはちみつと比べて、何がそんなに話題になっているのかをお話しします。

マヌカハニーは抗菌作用が特別すごい

マヌカハニーはマヌカから採れたはちみつ

まず、マヌカハニーとはマヌカの花からみつばちたちが蜜を集めて作ってくれたはちみつです。

マヌカの花は、ニュージーランドで多く栽培されており、マヌカハニーはほとんどがニュージーランドで作られます。マヌカは花の蜜だけでなく葉っぱなども薬効がありニュージーランドの先住民、マオリ族にも古くから薬として使われてきました

マヌカは日本ではギョリュウバイと呼ばれています。花言葉は、蜜月・華やいだ生活・素朴な強さ

なんと花言葉の蜜月の中には、はちみつの蜜という漢字が使われていて、もしかしたら昔からはちみつとの関係が深かったのかもしれんせん。

マヌカハニーは抗菌作用が高い

マヌカハニーは他のはちみつと比べて、抗菌作用がかなり高いことが分かりました。マヌカハニーには、他のはちみつに含まれていないメチルグリオキサールという物質が含まれています。

このメチルグリオキサールには殺菌成分が多く含まれており、とくにピロリ菌・大腸菌など体内の悪性菌に効果を発揮してくれます。

ピロリ菌にも効く抗菌作用

ピロリ菌は、50代以上の約8割の人が感染していると言われています。このピロリ菌に、マヌカハニーに含まれているメチルグリオキサールが効くと言われています。さらに、シリング酸メチルという物質は抗炎症作用がありピロリ菌が生成する活性酸素を除去してくれます。

善玉菌は残して、悪玉菌を除去

メチルグリオキサールは、なんと腸内細菌の善玉菌と悪玉菌を見分けることができるそうです。

なので、ちゃんと善玉菌は体内に残してくれて、悪玉菌だけを殺菌してくれます。そのおかげで、腸の調子を整えてくれて、下痢や便秘などの改善をしてくれます。

マヌカハニーだけが特別の効果を持っているわけじゃない

ここまでマヌカハニーだけは、はちみつの中でも特別の働きをしてくれる効果があるとお話してきました。しかし、マヌカハニーのように他のはちみつにはない特徴をもったはちみつは他にも存在するそうです。

オーストラリアにある、ジェリーブッシュのはちみつや、ジャラという木のはちみつはマヌカと同じような強い抗菌作用があることが研究で分かったそうです。

糖尿病で足に感染症をおこし切断以外の方法はないと言われていたのに、傷口にはちみつをあてる治療で切断をしなくてもよくなったという臨床記録があります。

なので他のはちみつにはない特徴を秘めているはちみつはまだ知られてないだけで、世の中にはあるのかもしれません。

なので、これからさらにいろんな種類のはちみつの研究がされていけばマヌカハニーに負けないぐらいびっくりするようなはちみつが見つかるかもしれないですよ。

 

よかったらシェアお願いします!

今僕たちができること!

不安な時こそ、みんなで支えあい、出会わなくても多くの方が繋がれるような世の中を今だからこそ作り上げていきたいと感じております。

そして落ち着いた後は実際にみんなでお会いする場を設けたりして身近な人をサポートできたらと感じております。

実施する想いわたしたちの想いとしては、繋がりを大切にし、自分たち自身も新しいチャレンジをして、循環できるような社会になれるように取り組んで行きたいと思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

元ブロガーで、東北の震災をきっかけに月数百万稼ぐブログをやめる。後に地域と伝統を大切にしたくて、岐阜県にある美濃焼タイルアクセサリーpopoloを開始! BASEアプリフォロワー38万人突破!ロンドンでの出店も成功!!物作りで人×地域×ネットの繋がりを大切に活動中!