なぜ国産のオーガニックはちみつはないの?そもそもオーガニックとは?

最近は食材にこだわる方が増え、無農薬やオーガニックの野菜を選ぶ人もいると思います。

しかし、はちみつは海外の物しかオーガニックの物はありません。

なんで、オーガニックの国産はちみつはないんでしょうか?

そもそも、無農薬やオーガニックの定義とはどんなものなのか紹介していきます。

無農薬とオーガニックは全然違う

まずは無農薬とオーガニックの違いを紹介していきます。

無農薬とは

無農薬栽培とは、農薬を一切使わない栽培方法だと思っていませんか?

僕はそう思っていました。

しかし、無農薬栽培とは生産期間中だけ全く農薬を使いませんが、じつは土壌に農薬が残っていたり、他の畑から農薬が飛散することがあり生産者が農薬を使っていなくても、実際は農薬が野菜に付着してしまっているということがあります。

そして、無農薬と表記できるかどうかの基準がなくまた確認する第三者の機関もありません。

そして、現在は無農薬という表記は禁止されているそうです。

全然知りませんでした。

オーガニックとは

よく無農薬と比較されるものに、オーガニックと有機栽培があると思います。

オーガニックと有機栽培は全く同じ意味

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わず、遺伝子組み換えなどの作物を使わずに栽培することで、安心安全な食品というだけでなく、地球環境にの優しい栽培方法になります。

日本では、有機農産物として認められ、表記するには国で定められた基準を満たさないといけません。

土づくりから生産過程までしっかりとルールが決められているので

有機と表記してあるものは国が認めたものなので安心して選んでほしいと思います。

無農薬とオーガニックの違い

無農薬

生産期間は農薬を使っていないが土壌や飛散してきた農薬が付着している可能性があり

検査機関がない

オーガニック(有機栽培)

農薬や化学肥料を使わず、遺伝子組み換えなどの作物を使わずに栽培し環境にも優しい。

国が定めた基準で土づくりから生産までしないとダメで国に認めてもらわなければならない。

なぜ国産のオーガニックはちみつはないのか

はちみつは、日本では畜産食品に分類されます。

有機と表記できるものは、国が認めたものしかできません。

なので、はちみつにもオーガニックや有機と表記するためには国に認めてもらわないといけません。

しかしはちみつは、国が認めた規格の対象外なので国産はちみつにはオーガニックや有機と表記できないのです。

海外のオーガニックはちみつ

海外のはちみつにはオーガニックの物があります。

それは国によって、はちみつに対してのオーガニック基準がしっかり定められ認証機関もあるからです。

アメリカの認証マークはUSDAオーガニック・ヨーロッパの代表的なオーガニックの認証マークであるEU認証マークがついているものは、それぞれの国のオーガニック認証を受けたオーガニックはちみつなので安心だと思います。

オーガニックにこだわるなら海外のはちみつを

日本では、はちみつに対してオーガニックの基準がないので国産のオーガニックはちみつは買うことができません。

日本の養蜂家の中には、他国のオーガニック基準に沿ってはちみつを作っている方もいるそうです。

しかし、販売するときにはオーガニックや有機とは表示できないため直接、養蜂家の人に聞いて判断するしかありません。

なので、オーガニックにこだわりを持っている方は、海外のオーガニック認証がされているはちみつを買うのが一番だと思います。

国産の非加熱の生はちみつも、日本の養蜂家の方たちがこだわりを持ってミツバチと協力してはちみつを作っていいるので一度食べてほしいと思います。

よかったらシェアお願いします!

今僕たちができること!

不安な時こそ、みんなで支えあい、出会わなくても多くの方が繋がれるような世の中を今だからこそ作り上げていきたいと感じております。

そして落ち着いた後は実際にみんなでお会いする場を設けたりして身近な人をサポートできたらと感じております。

実施する想いわたしたちの想いとしては、繋がりを大切にし、自分たち自身も新しいチャレンジをして、循環できるような社会になれるように取り組んで行きたいと思っております。

ABOUTこの記事をかいた人

元ブロガーで、東北の震災をきっかけに月数百万稼ぐブログをやめる。後に地域と伝統を大切にしたくて、岐阜県にある美濃焼タイルアクセサリーpopoloを開始! BASEアプリフォロワー38万人突破!ロンドンでの出店も成功!!物作りで人×地域×ネットの繋がりを大切に活動中!